acrylics

アクリル絵具は、万能型の画材です。

色々な表現が可能で、
水彩のように使うことも、
油絵のような表現もできます。

できないこと(制限)が少ないのが
最大の特徴です。

1.アクリル絵具の特徴

アクリル絵具とは、
色の粉『顔料』と『アクリル樹脂』を
混ぜた絵具の事を言います。

 

アクリル絵具は、チューブから出した状態
まだ濡れている状態であれば、
水で溶いて使えます。

その一方で、
一度乾いてしまうと耐水性になり、
水には溶けません。

どれだけ水をつけてこすっても、
全く落ちなくなるのです。

 

アクリル樹脂は伸縮性が高く、
柔らかい布になどに描いても
はがれにくいです。

固着力も強いので、
大抵のものに描くことができます。

紙、布、木、壁、陶器、
プラスチック、ガラスなど、

他の画材では描けない物にも使う事ができます!

 

アクリル絵具の仲間には、
アクリルガッシュという絵具もあります。

アクリルガッシュは全ての色が不透明で、
ツヤ消し効果の高い絵具です。

 

一方で、普通のアクリル絵具にはツヤがあります

また、アクリルガッシュとは違い、
透明色や不透明色が混在しています。

この記事では、
普通のアクリル絵具について紹介していきますね。

2.アクリル絵具のメリット

アクリル絵具はメリットの多い画材です。

  • 乾くと耐水性になる
  • 乾くのが早い
  • 透明度が高い
  • 発色が鮮やか
  • 油彩のようにも水彩のようにも使える
  • 何にでも描ける

以下で詳しく見ていきましょう。

乾くと耐水性になる

アクリル絵具最大の利点は、
濡れているときは水で溶くことができて、
乾くと完全な耐水性なるところです。

乾いた部分はもう水には溶けません。
その上に、色を重ねても溶けてこないのです。

 

そのため、
何度でも綺麗に重ね塗りすることができます。

これを応用して、違う色を何層も重ねて
複雑な色合いを表現できるのです。

 

また、失敗した部分があっても、
簡単に修正することができます

これがとても便利なのです。

乾くのが速い

乾くのが速いのもアクリル絵具の特徴です。

他の画材と比べると、
驚くほどすぐに乾きます

キャンバスに描くと少しゆっくりになりますが、
紙の上に描くと乾く速さは圧倒的です。

また、絵具は外側から乾いていくので、
半乾きの状態で描き進めることもできます。

透明度が高い

油彩に比べ、
アクリル絵具は圧倒的に透明度が高いです。

同じ顔料を使っている色で比較しても、
アクリルの方が下の色が透けて見えます。

 

そのため、混色する時も2つの方法が使えます。

  1. パレット上で混色する方法
  2. 重ね塗りで混色する方法

2の方法は、
先に混ぜたい色のどちらかを塗っておき、
もう一方の色を薄く重ね塗りする
というやり方です。

下地の色を生かして描いたいときには、
とても便利です。

 

発色が鮮やか

アクリル絵具はとても色が鮮やかです。

アクリル絵具は顔料とアクリル樹脂を
混ぜた画材です。

 

チューブから出したとき、
アクリル樹脂は少し白っぽい色をしています。

それが乾くと、無色透明になるのです。

そのため、顔料の色がそのまま見えるのですね。

アクリル樹脂のツヤとあいまって、
ピンクやライトブルー、黄緑など
中間色の発色が特に綺麗です。

油彩のようにも水彩のようにも使える

アクリル絵具は、
水彩っぽくも、
油彩っぽくも使えます

水で薄めれば、水彩のような透明感のある
表現ができますし、

水で薄めずに使えば、絵具を盛り上げて
油絵の具のような立体感のある
作品を描くこともできます。

幅広く使える画材なのですね。

何にでも描ける

何にでも描けるというのも、
アクリルの大きなメリットです。

例えば、
油絵ならキャンバス、
水彩なら紙

というように、
多くの画材は何に描くのがいいか
決まっています。

 

一方、
アクリル絵具は割と何にでも描けてしまいます。

キャンバスにも、紙にも、布にも、壁や石にだって
描けちゃいます。

これは、アクリル樹脂に弾力があって、
伸び縮みも得意なためです。

 

直感のまま使える絵の具、それがアクリル絵具なのです。

3.アクリル絵具のデメリット

アクリルにはデメリットはほとんどありません

油絵のようにひび割れができたり、
水彩のように水に溶け出したり、
ということがないためです。

ただ、メリットになっている特性が、
やりたい表現よってはデメリットに
なることがあります

  • 濡れている時間が短い
  • 隠蔽力が低い
  • 完璧に油彩や水彩を真似できるわけではない

詳しくみていきましょう。

濡れている時間が短い

アクリルを使う上で一番気をつけたいのは、
すぐに乾いてしまうこところです。

感想が速いのは、
どんどん描き進めたいときには便利です。

一方で、
筆についた絵具や
パレットに出した色が乾くのも速いのです。

気づいたら筆が固まっていたり、
パレットに絵具がこびり付いていたり、
ということがよくあります。

少しの間でも、
筆を置くときは必ず洗うようにてください。

また、パレットはプラスチックの物でなく、
使い捨ての紙パレットがオススメです。

 

なお、乾くのが速いと
重ね塗りには助かるのですが、
グラデーションを作るときには困りものです。

 

きれいなグラデーションを作ろうと思ったら、

  • 絵具が乾く前に素早く筆を動かす
  • 薄塗りを繰り返す
  • スプレーにして吹き付ける

という方法をとることになります。

隠蔽力が低い

透明度の高さがデメリットになるときもあります。

絵具の透明度が高いと
下の色が透けやすいのです。

 

ある程度絵を描いたところで、
大幅に修正しようと別の色を塗っても
元の色が透けて見えてしまいます。

透けないようにするには、
一度だけでなく、なんども重ね塗りをして
修正する必要があります。

これが結構面倒だったりします。

完璧に油彩や水彩を真似できるわけではない

これはデメリットとまでは言えませんが、
期待しすぎるとがっかりしてしまうポイントですね。

アクリル絵具で
水彩や油彩を完全に真似ることはできません。

 

薄めたり、濃く塗ったり、
いろいろなメディウムを混ぜることで
他の画材のように使うことはできます。

ですが、アクリル絵具は
やっぱりアクリル絵具なのです。

 

いくら薄めても、
透明水彩のような
キラキラとした透明感は出ませんし、

厚く塗っても油絵のような
重厚感を表現することは非常に難しいです。

アクリル絵具を生かした表現をするか、
どうしても譲れない場合は、
別の画材を使った方がいいかもしれません。

おわりに

以上が、アクリル絵具のメリットとデメリットです。

メリットの方が多いので、
アクリルをメインの画材として使う人は多いです。

いろいろな表現も出来るので、
迷ったときはアクリルを使ってみるのがおすすめですよ。

ぜひ楽しんで絵を描いてみてくださいね。

絵をはじめたい方向けの5日間講座をスタートします
はじめてでも大丈夫!絵を描くための5日間講座

『絵を描いてみたいな!』

そんな方に向けた5日間の完全無料講座をはじめます。
ご登録は、2月22日(金)より受付開始です。

どうぞお楽しみに!