アクリル絵具の特徴ーメリット・デメリットー

acrylics

アクリル絵具は、汎用性の高い絵の具です。

できる事の幅が広く、何より制限が少ないのが最大の特徴です。

 

アクリル絵具とは、

色の粉『顔料』と『アクリル樹脂』を混ぜた絵具

の事を言います。

 

アクリル絵具はチューブから出した状態、まだ濡れている状態であれば、水で薄く伸ばす
ことができますが、一度乾いてしまうと耐水性になり、水には溶けません。

どれだけ水を含ませた筆でこすっても、全く落ちません。

 

またアクリル樹脂は伸縮性が高く、柔らかい布になどに描いても簡単にははがれません。

固着力も強いので、大抵のものに描くことができます。

紙、布、木、壁、陶器、プラスチック、ガラスなど、他の絵具でははがれてしまったりするような物にも描く事ができます。

 

アクリル絵具には、透明色の含まれるアクリルと、全ての色が不透明なアクリルガッシュがあります。

この記事では、透明色のあるアクリルについて紹介します。

アクリルガッシュも基本的な性格は同じですが、異なる点もあるので一緒に取り上げるのはややこしいためです。

 

アクリル絵具のメリット

アクリル絵具はメリットの多い画材です。

  • 乾くと耐水性になる
  • 乾くのが早い
  • 透明度が高い
  • 発色が鮮やか
  • 油彩のようにも水彩のようにも使える
  • 何にでも描ける

以下で詳しく説明していきます。

 

乾くと耐水性になる

アクリル絵具最大の利点は、濡れているときは水で溶かすことができて、乾くと完全な耐水性なるところです。

乾燥し、水に溶けなくなった部分に他の色を乗せることで、簡単に絵を修正することができます。

何度でも重ね塗りができるので、複雑な色合いを作り上げることができます。

 

乾くのが早い

乾燥時間の短さもアクリルの特徴です。

アクリル絵具はすぐに乾きます。

紙の上に描くと、紙が水を吸収する事もあって乾燥時間の短さは圧倒的です。

乾くと耐水性になることから、半乾きでも重ね塗りを進める事ができます。

 

透明度が高い

油彩に比べ、アクリル絵具は圧倒的に透明度が高いです。

同じ顔料を使っている色でも、アクリルの方が下の色が透けて見えます。

そのため、緑色を作りたいとき、パレットの上で黄色と青色をあらかじめ混ぜる方法と、まず青色を塗って、次に黄色を重ねることで緑色を表現する事もできます。

下の色を生かして描きたいときに便利です。

 

発色が鮮やか

色の発色について、アクリルは鮮やかな色に仕上がります。

アクリル樹脂は乾くと無色透明なるため、色の粉である顔料の色がそのまま見えます。

特に、ピンクやライトブルー、黄緑などの中間色の発色が綺麗です。

 

油彩のようにも水彩のようにも使える

水彩のように使ったり、油彩の様にたっぷりの絵の具を盛り上げて使ったりできることも、アクリル絵具の強みです。

水で薄めれば、水彩のような薄塗りの表現ができますし、チューブから出した絵の具を水で薄めずに使えば、油彩の様に立体的に描くこともできます。

 

何にでも描ける

どんなものにでも描けるということが最大のメリットです。

アクリル樹脂の特性から来るものですが、樹脂に弾力があって伸縮性にも優れていることに加えて、接着力も強いのです。

そのため、石や壁などに塗ってもしっかりくっついてくれます。

柔らかい布などの伸び縮みする物に描いたりする場合、油彩などはひび割れてしまう可能性が高いので、素材を選ばないといけません。

しかし、アクリルはある程度の伸び縮みには対応してくれます。

 

直感のまま使える絵の具、それがアクリル絵の具です。

 

アクリル絵具のデメリット

アクリルには、油彩のように気をつけないと割れてしまったり、水彩みたいに水に溶け出したり、という物理的なデメリットはほとんどありません。

ただ、メリットになっている特性が、やりたい表現よってはデメリットになってきます。

  • 濡れている時間が短い
  • 隠蔽力が低い
  • 完璧に油彩や水彩を真似できるわけではない

詳しくみていきましょう。

 

濡れている時間が短い

アクリルを使う上で一番気をつけたいのは、その乾燥時間の短さです。

重ね塗りをするときはとても便利ですが、筆についた絵の具やパレットに出した色が乾くのも早いので、
気づいたら筆が固まっていたり、
パレットに絵の具がこびり付いていたり、
ということがよくあります。

少しの間でも、筆を置くときは必ず洗うようにして、パレットは使い捨てのものを選ぶと困る事はありません。

ただ、紙やキャンバスに置いた絵の具の乾燥も早いので、画面の上で色を馴染ませる、ということが難しいです。

きれいなグラデーションを作ろうと思ったら、絵の具が乾く前に素早く筆を動かすか、薄塗りを繰り返すか、スプレーにして吹き付けるか、という方法をとることになります。

 

隠蔽力が低い

透明度の高さもデメリットになりえます。

絵具の透明度が高いということは、下の色が透けやすい、ということです。

例えば、構図を修正しようとして全く別の色で塗っても、修正前の色が見えてしまいがちです。
完全に覆い隠すには、何度か塗り重ねてやる必要があります。

そのため、手数がかかります。

 

完璧に油彩や水彩を真似できるわけではない

これはデメリットとは言えませんが、期待しすぎるとがっかりします。

アクリルで水彩や油彩を完全に真似ることはできません。

薄めたり、濃く使ったり、いろいろなメディウムを混ぜることで、他の画材のように使うことができるのがアクリルの強みです。

ですが、アクリルはやはりアクリルです。

 

いくら薄めても、透明水彩のようなキラキラとした透明感は得られませんし、厚く塗っても油彩のような重厚感を表現することは難しいです。

そこはアクリルとして、アクリル自身の特徴を生かした表現をするか、別の画材を試した方が早いと思います。

 

おわりに

以上が、アクリル絵具のメリットとデメリットです。

メリットの方が多いので、アクリルをメインの画材として使う人は多いです。

いろいろな表現も出来るので、迷ったときはアクリルを使ってみるのがおすすめです。