oil油彩
こんにちは、北原 千です。

絵を描こうと思ったとき、
アナログとデジタルの選択肢がありますね

どっちにしようか悩む方も多いです。

今回は、アナログ画材で絵を描くときの
9つのメリット7つのデメリットをご紹介します。

アナログかデジタルか迷っている方の
参考になれば嬉しいです。

9つのメリット

アナログの画材で絵を描くときの、
9つのメリットを見ていきましょう。

  1. たった一つの原画がある
  2. すぐ始められる
  3. 細密画に向いている
  4. 大きな作品が描ける
  5. 色選びがわかりやすい
  6. 3次元的な表現ができる
  7. 展示したときに存在感がある
  8. 偶然性がある(新たな可能性が生まれる
  9. 金色・銀色が使える

1. たった一つの原画がある

アナログで絵を描くと、
この世でたった一つの原画が出来上がります

デジタルの場合だと、作品はデータなので
コピー&ペーストで全く同じものが
無限に作れてしまいます。

そのため、デジタルに
唯一無二の「原画」はありません。

 

一方、アナログで絵を描くというのは、
「物」を作る作業です。

紙やキャンバスという物の上に、
絵具という物を載せていきます。

絵具の粒子がどう広がるか、
色がどう重なるか、
毎回違ってくるのです。

 

そっくりに模写したとしても、
絵具の重なり具合・筆の跡まで真似することは
できません。

世界でたった一つの作品を作れる。
所有できる。
というのは、アナログだからこその特徴ですね。

2. すぐ始められる

アナログなら「絵を描こう」と
思ったその日にはじめられます。

紙と鉛筆があれば、立派に作品が描けるのです。

色を塗りたいと思ったら、
児童用の水彩絵具や色鉛筆などの
色がきれいで安い画材がすぐ手に入ります。

 

デジタルの場合は、パソコンやペンタブ、
お絵かきソフトを用意しないといけません。

結構お金がかかりますし、
思いついたその日に揃えるのは大変です。

 

「とりあえず絵を始めようかな」
と思ったとき、アナログは始めやすいのです。

3. 細密画に向いている

アナログの画材は、
細密画=とても細かい絵
を描くのに向いています

細密画は線や点などを、
細かく美しく描いていきます。

アナログであれば、
・きめの細かい紙、
・先の細いペンや面相筆
を用意すれば細い線が描けます。

 

一方、デジタルで綺麗な細い線を描くのは、
結構難しいのです。

またデジタルでは、作品の一部を拡大表示して
描くことが多いです。

そうすると、描いている線の先が表示の範囲外に
行ってしまったりして、細く・長い線が描きにくいのです。

 

思い通りの線を追求すると、
アナログの方が簡単に描けるのです。

4. 大きな作品が描ける

先ほどとは逆に、大きな作品を描くのも
アナログの方が向いています

大きな作品を描きたいと思った時、
必要なのは大きな紙を用意することだけです。

 

デジタルの場合は、
「全体を見て描けない」
という問題に直面します。

描きたい絵の大きさに比べて、
モニターが小さすぎるのです。
絵を描くときは作品の一部しか見えません。

 

アナログであれば、いつでも全体が見渡せます。
そのため、バランスを見ながら描き進められるのです。

5. 色選びがわかりやすい

色を塗るのってとても楽しいですよね。

アナログの場合、
大抵の色は基本の12色があれば作れます。

さらに慣れてくると、モチーフを見たときに
「何色と何色を混ぜればいいか」
がわかるようになるのです。

 

デジタルの場合、色選びはなかなか難しいです。

これはデジタルで使うパレットの一例です。

アナログのように混色で作るのではなく、
この中から欲しい色を選ばないといけません。

無限に近い数がありますから、
感覚で選ぶのは大変なのです。

6. 3次元的な表現ができる

アナログで絵を描くと、
半立体のような3次元的な表現ができます

油絵具や、アクリル絵具のメディウムを使うと、
絵具を盛り上げたり、立体的なタッチで
絵が描けるのです。

絵は真正面から見るものなのに、
どうして絵具を盛り上げたりするのでしょうか。

 

その方が迫力が出るからなのです!

 

ひまわりで有名なゴッホの作品も、
とてもデコボコしています。

デジタルの場合、普通のお絵かきソフトでは
3次元的な表現ができません。
描けるのは、完全な平面の作品です。

「ここを盛り上げて強調したい!」
といったことができるのは、アナログなのです。

7. 展示したときに存在感がある

アナログ作品は、飾ったときに存在感があります

作品によって表面がツルツルしていたり、
ザラザラしていたり、デコボコがあったり。

アナログ作品は、絵の質感が様々です。
そのためか、物としての存在感があるのです。

 

デジタル作品はモニターで見るととても美しいです。
しかし、印刷して展示すると
存在感が薄くなってしまうことが多いのです。

8. 偶然性がある

watercolor透明水彩
アナログにあってデジタルにないもの。
そのトップが
「偶然性」
ではないでしょうか。

 

デジタルはコンピュータの計算で
絵を描いていきます。
そこに偶然はありません。

何度でもやり直しができるので、
仕上げに向いている、という特徴があります。

 

アナログの場合は、
色々なものに翻弄されながら絵を描きます

・絵具の広がり具合
・水の乾く速度
・紙の弾き具合など、
均一でないのでコントロールが難しいです。

思い通りにいかないことはよくあります。
その中で偶然できた形や色が
とても良かったりもするのです。

そして、偶然できた形や色を
自分で再現できるようになると、
さらに表現の幅が広がります。

これが楽しいのですね!

9. 金色・銀色が使える

アナログの絵具の中には、
金色や銀色など、キラキラ光る色があります。

これらは、色自体が輝いているので、
とても存在感があります

特に、本物の金箔や銀箔を使うと、
何色にも負けないきらびやかさがあるのです。

7つのデメリット

それでは、アナログで絵を描くときには、
どんなデメリットがあるのでしょうか。

次は、7つのデメリットを見ていきます。

  1. 時間がかかる
  2. 場所を取る
  3. 技術が要る
  4. ランニングコストがかかる
  5. 持ち運びには手間がかかる
  6. デジタル変換に一手間かかる
  7. 完全な複製は作れない

1. 時間がかかる

アナログで絵を描くと、
デジタルに比べて時間がかかります

油絵具は乾くのに数日かかるし、
水彩絵具でも塗るたびに乾くのを
待たなければいけません。

その一方で、ペンや鉛筆など、
待たずに絵を描き続けられる画材もあります。

 

全ての画材が時間がかかるわけではありません。

それでも、水や油を使う画材は、
乾き具合を見ながら描いていく
ことになります。

2. 場所を取る

アナログ画材は、どうしても場所を取ります

油絵具はイーゼルを立てる場所が必要です。
キャンバスもかさばります。

描いている間は臭いも強いので、
できたら寝室以外の部屋で描きたいです。

アクリル絵具や透明水彩などは机の上で描けますが、
ある程度の広さは必要です。

 

描き上がった作品を保管する場所
用意しないといけません。

デジタルのように、
「パソコンとペンタブが置けたらどこでも絵が描ける」
とはいかないのですね。

3. 技術が要る

アナログで絵を描くときは、
デジタルで使えるような便利な機能が使えません

「戻る」ボタンやレイヤーはないし、
一度置いた色を修正するのは大変です。
写真などの素材を使うこともできません。

そのため、描く人の技術で補うことになります。

4. ランニングコストがかかる

アナログの画材は、
ランニングコストがかかります

機材を揃えたら何枚でも絵が描ける
デジタルと違って、
アナログは買い足さないといけません。

どんな画材を使うかにより、
ランニングコストは変わってきます。
それでも、補充が必要なことは変わりません。

5. 持ち運びには手間がかかる

作品がデータ状態のデジタルと違い、
アナログの作品はデリケートです。

紙は曲がらないように、
画面は傷つかないように。
雨が降っても濡れないように…。

アナログ作品の持ち運びには、
手間と気を使います。

6. デジタル変換に一手間かかる

アナログ作品をデジタルデータ化するのは、
一手間かかります。

小さめの作品であれば家でもスキャンできます。
大きな作品は専門のお店に依頼するか、
カメラで撮影することになります。

スキャンした後は、
画像データの色を調整して、
できるだけ原画に近づけます

それらが完了すると、ようやく作品をネットに
上げることができるようになります。

7. 完全な複製は作れない

これはメリットの裏返しのようなものですが、
アナログ作品は完全な複製は作れません。

作品を見てもらおうとすると、
原画を送るか、相手に足を運んでもらわないと
いけないのですね。

おわりに

今回は、アナログで絵を描くときの
メリットとデメリットをご紹介しました。

「絵を描く」ということ自体は変わりません。

それでも、アナログとデジタルでは
できることや、作品の見え方が違ってきます。

アナログでもデジタルでも
自分の好きな画材を見つけて、
楽しんで絵を描いてくださいね!

絵をはじめたい方向けの5日間講座をスタートします
はじめてでも大丈夫!絵を描くための5日間講座

『絵を描いてみたいな!』

そんな方に向けた5日間の完全無料講座をはじめます。
ご登録は、2月22日(金)より受付開始です。

どうぞお楽しみに!