油絵の具

「油絵を描いてみた!
でも、油絵の具ってどうやって片付けたら良いんだろう?」

ここでは、絵を描き終えた後に、油絵の具を片付ける手順をご紹介します。
慣れるとササっと片付けられるようになりますよ。




絵筆を洗う

何から片付けても良いですが、まずは絵筆からきれいにしましょう。

絵の具の付いた筆は、新聞紙などに塗るようにして絵の具を落とします。
要らない紙なら何でも良いですよ。

新聞紙に絵の具がつかなくなったら、次にブラシクリーナーで洗っていきましょう。
ブラシクリーナーは容器がそのまま筆洗になっています。
筆を中の溝に押し付けるようにして動かしながら洗いましょう。
ここでは、根元の絵の具が落ちるまでしっかり洗います。

もっときれいに洗う方法

ブラシクリーナーは2個以上あると、もっときれいに洗えます。

まず、ブラシクリーナーの使う順番を決めます。
「こっちは1番目に使うクリーナー、こっちは2番目」と言う感じですね。
そしたら筆を洗う時は必ず、今決めた順番でクリーナーを使うようにします。

そうすると、1番目のクリーナーはすぐに汚れてしまいますが、2番目のクリーナーはあまり汚れません。
1番目で筆の汚れを落としてから2番目を使うので、2番目では仕上げ洗いができるわけです。

きれいに洗った筆は、新聞紙などでクリーナー液をよく拭き取ってください。
その後、筆立てなどで乾燥させましょう。

パレットを掃除する

次はパレットです。
もし紙パレットを使っていたのなら、剥がして捨てるだけで終わります。

木製などのパレットの場合は、絵の具を拭き取ってきれいにしてあげる必要があります。

まずは布などで絵を描くときに使った絵の具を拭き取りましょう。
このとき、パレットナイフかペインティングナイフがあると、絵の具をすくい取れるので便利ですよ!
持っていない場合でも、いらない布切れやキッチンペーパーがあればきれいに拭けますので大丈夫です。

パレットに残して良い絵の具もある

チューブから出した状態の絵の具は、残しておいても大丈夫です。

最初に絵の具をニュッと出しますよね。
あの状態の絵の具のことです。

色を使う時は、ニュッと出した絵の具から必要な分を使いますよね。
絵を描き終わったときも、ニュッと出された絵の具は残っていると思います。
その状態の絵の具は、他の色やオイルとも混ぜられていないので、残しておいても固まりにくいのです。
残しておけば次に描く時に使えますね。

固まっても、中身は柔らかいことも多いです。
ただし、放置する期間によっては固まってしまったり、一部がパレットにこびりつくことがあります。
もし気になるようなら、全て拭き取ってしまいましょう!




キャンバスを移動させる

乾く前の油絵の具は、独特の強い匂いがあります。
そのため、匂いが気にならない場所に保管するのがベストです。

これはある種類のオイルの匂いです。
乾燥すればなくなってしまうオイルなので、絵の具が乾けば匂いも無くなります。
それまでの置き場所を決めておきましょう。
あまり使わない部屋や、押入れなど、できるだけ食卓や寝室から離れた場所がいいですね。

ゴミは袋に入れてゴミ箱へ

片付けで出たゴミもオイルがたくさん付いています。
やはり匂いが強いので、そのままゴミ箱に捨てるのではなく袋に入れてから捨てましょう。

このゴミはオイルが付いているので燃えやすいです。
袋に入れたら、少量の水も入れてしっかりと結びましょう。
また、火元からは離れた場所に置いてくださいね。

まとめ

今回は油絵の具の片付け方をご紹介しました。
片付けの時にやることは、

  • 筆を洗う
  • パレットを拭く
  • キャンバスを移動させる
  • ゴミを処理する

の4つだけ。

水彩と違って、片付けにも水を一切使わないのが面白いですね。

ちなみに、油彩のオイルや絵の具には有害なものも含まれます。
必ず最後に石鹸で手を洗うようにしてくださいね。