ダイレクトメール

個展やグループ展を開くことになった。

そんな時はDMを作りましょう。

「ネットやSNSで宣伝する時代にDMなんて……」
と思われるかもしれません。
しかし展示会のDMは「来てもらいたい人に送る」以外の役割も大きいのです。

今回はDMの作り方と、それを使った宣伝方法をご紹介します。




なぜDMを作った方がいいのか

DMの主な使い道は3つです。

  1. 知人等に配る(送る)
  2. DMのデザイン画像をSNS等に投稿する
  3. 会場近くのお店に置いてもらう

2つ目や3つ目の使い方については、後ほど詳しく見ていきますね。

DMに載せたい情報

展示会が近くなり、DMを作るときに載せたい情報は、

  1. 代表作の写真
  2. 展示会の名前
  3. 開催期間
  4. 場所(住所)
  5. できたら簡単な地図も

の5点です。

 

3の開催期間については、

20〇〇年○月○日(曜日)〜○日(曜日)10時〜19時
※最終日は17時まで

というように、日時を書くようにします。
また最終日に搬出があり早い時間に閉める場合は、そのことも書いてあると親切です。

4の開催場所については、郵便番号から記載すると来場する人が場所を調べやすくなります。

他にも、個展・グループ展用のサイトや記事があれば、URLを記載したQRコードを入れるのがオススメです。

おすすめの印刷方法

DMはできるだけ美しく印刷したいものです。
貰った人は、そのDMのデザインを見て行くかどうかを決めるわけですから、クオリティはとても大切です。

綺麗に印刷するには、印刷屋さんに依頼するのが一番です。

自分でDMのデータを作れば、安く印刷してくれるところがたくさんあります。
ある程度の枚数を印刷するのであれば、家のプリンターを使うよりずっとに安く作れますよ。

通常、印刷屋さんに渡すデータは、IllustratorやPhotoshopなどのソフトで作ります。
もし、それらのソフトを持っていなくても大丈夫。
印刷屋さんによっては、PDFやワード・エクセル・パワーポイントで作ったデータでも対応してもらえる所もあります。

DMを作る枚数

「データは作ったし、印刷屋さんも決めた。
さて、いったい何枚刷ったらいいんだろう……」

DMを印刷する枚数は、DMの使い方によって変わります。

  • 知人等に配るだけであれば「配る枚数 + 20枚〜30枚(予備として)」
  • 置き宣伝(下で説明)に使うのであれば「300枚くらい」

が目安になると思います。

オフセット印刷(きれい)で発注するなら、50枚刷っても300枚刷っても金額はあまり変わりません。

余っても困るものではありませんが、足りないと致命的なので、多めに印刷することをおすすめします。

DMを使った置き宣伝

知人等に配る以外にも、会場や周辺のお店に置かせてもらう、という宣伝方法があります。

会場が貸し画廊やギャラリーであれば、「今後の展示会情報」という形で置くことになっている所も多いです。

また、近くの他のギャラリーや喫茶店など、お店によっては快くDMを置かせてくれます。
地元の人や、自分の作品を全く知らない人が、展示会を訪れるきっかけになります。
積極的にお願いしてみましょう。

開催の1ヶ月前くらいには置いておくとGOODです。




DM画像をSNSに投稿する

DMのデータができたらSNSにも投稿しましょう

DMは、作品画像や展示会情報が一目でわかるデザインになっています。
SNSに投稿するときにこれがあると、注目度と理解度がアップするのです。

特に人の目は、文字だけの投稿より画像付きの方に吸い寄せられます。
DMの画像を使って、定期的にお知らせしたいですね。

まとめ

今回は、個展・グループ展で使うDMを作る方法と、それを活用した宣伝方法をご紹介しました。

  • 代表作の写真
  • 展示会の名前
  • 開催期間
  • 場所(住所)

が入っていればわかりやすいDMになります。

魅力的なDMを作って、大切な展示会の情報をお知らせしましょう!