水張りの道具

水彩やアクリルで紙に絵を描くとき、水張りをしているととても気持ちよく描くことができます。

水彩絵具やアクリル絵具を用意して、いざ描き始めると、だんだんと紙が波打ってくることが多いです。

波打った紙の谷になっているところに絵具がたまり、そこだけ色が濃くなったり、変なところに絵具が流れて行ったりします。
さらに、その状態で乾かすと波打ちが直らず、乾いたら紙がベコベコになってしまった…ということも。

これは、紙が水を吸って伸びるために発生する現象です。
紙の繊維の伸縮率や、一部にのみが水を吸っていることが原因です。

これを回避するためにするのが、水張りです。

水張りとは

水張りは紙に絵具を置く前の段階で行います。

「紙が濡れると伸びてしまうなら、あらかじめ伸ばした状態で貼り付けてしまおう」

というのが、水張りの発想です。

 

紙は水に濡れると伸びて、乾くと縮んでしまいます。
だから、先に紙をできるだけ伸ばして、その伸びた状態で四辺を止めます。
そのまま乾かすと、紙は縮むことができないので、再び水で濡らしてもそれ以上伸びることがありません。
したがって、波打つこともないのです。

水張りの方法

水張りには平張りと袋張りの二種類があります。

平張り

板(ベニヤ板など)や木製パネルの一面に、紙もテープもぺたっと張ってしまうやり方。
正面から見ると、紙やテープが丸見えです。

作品が描き上がったら、パネルから外し、額に入れて展示します。

袋張り

紙をパネルより大きく切り、パネル側面まで折り込んでテープで止めるやり方です。
木製パネルは木枠に板を張った構造になっており、側面は木枠の幅(2cmくらい)の厚みがあります。

正面からは全面に紙だけが見え、パネルの木地やテープは見えません。

作品が完成したら、パネルに吊り紐を取り付け、そのまま展示できます。

平張りのやり方

今回は簡単な平張りをご紹介します。

必要なもの

  • 紙より大きな板 or 木製パネル
    (木のアクが紙につかないように、アク止めの紙
    が貼ってあるパネルもあります)
  • 刷毛もしくはスポンジ
  • 水入れ
  • 水張りテープ または タッカーorホッチキス

木の板はなんでもいいです。
ベニヤ板でもいいですが、木製パネルがあれば扱いやすいです。

紙は絵を描くためのものです。
描き方にもよりますが、汚れのない綺麗な紙を用意してください。
なお、鉛筆や耐水性のインクであらかじめ下書きや線画が描かれていても大丈夫です。

刷毛やスポンジは、紙に水を含ませたり、水張りテープに水を付けるのに使います。
わたしは30号の刷毛を使っていますが、ここまで大きくなくても問題ありません。

水張りテープは片側に乾いた糊が塗られている紙テープです。
水を含んだ刷毛で糊側を撫でてやると、糊が湿って強力なテープになります。

タッカーは太いホッチキスの針を折り込まずにそのまま打ち付ける道具です。
簡易の釘がわりです。

濡らした紙を留める際、水張りテープを使う方法と、タッカーやホッチキスを使う方法があります。
しっかりとまるのは水張りテープですが、タッカーは簡単です。

ただし、線でとめる水張りテープに比べ、タッカーは点でとめていきます。
そのため、均等に引っ張りきれなくて、紙が乾いた時に縮んでしまい、絵を描いている時に波打つことがあります。

タッカーで水張り

例えそうなってしまっても、再び乾くときには波打ちは解消されますので心配ありません。
描くときに気になるくらいです。

水張りの手順

はじめに、紙に水を含ませて紙が伸びた状態にします。

薄い紙の場合

作業する場所(机など)を綺麗に拭きます。
そこに紙を広げたら、水入れに水を用意して、刷毛もしくはスポンジを濡らします。

水を含ませた刷毛かスポンジで、まずは紙全体を十字に切るように紙を濡らします。
次に大きく×を書くように刷毛を滑らせます。
最後に刷毛を上下左右に動かして、乾いている部分がないようにします。

裏返して、裏面も同じようにします。

少し置いて、紙が十分に水を吸い込んだら、再度裏返して濡らします。

薄い紙はこれで伸びてくれます。

厚い紙の場合

水彩紙など、紙が熱い場合は紙が水を吸い込むのに時間がかかります。
また、吸い込む量も多いので、紙を水に浸してしまいます。

まずは紙が入る大きさの容器を用意します。
紙が大きい場合は、風呂桶などでも結構です。

その容器に水を張って紙を浸します。

一、二度裏返して、気泡が付いていないことを確認したら、紙を水に漬け込んで放置します。

紙の厚さにもよりますが、おおよそ2、3時間置けば紙が伸びます。
なお、寒い季節は水を吸うのに時間がかかるため、お湯行うと早くすみます。

紙が伸びきったら、板やパネルを用意してください。

水張りテープ使う張り方

紙に水が染み込むのを待っている間に、水張りテープを切っていきます。

水張りテープ

紙の大きさより少し長めに各辺分の計四本。
このとき、手についた水はしっかり拭き取ってから行ってください。
(上の画像では8本ありますが、4本でOKです)

紙が十分に水を吸い込んだら、紙の表が上になるように板かパネルの上に載せます。
(水彩紙の場合、でこぼこザラザラしている方が表です)

次に、濡らした刷毛かスポンジを用意して、水張りテープの糊部分を撫でていきます。
水を含んだ水張りテープは丸まってしまうので、濡らしたらすぐに貼り付けてください。

貼り付け方は、長いセロハンテープを紙に貼る時と同じように、テープの半分が紙、もう半分が板に付くようにします。

水張り

四辺とも貼れたら、あとは板を水平に保ったまま乾かして完成です。

タッカーorホッチキスを使う場合

(※タッカー等を使うときは、板の後ろに針が飛び出ることがあります。薄い板ではなく、パネルを使用してください)

しっかり濡らした紙をパネルの上に置いたら、一定の間隔でステープルを打ち付けていきます。
このとき、300g程度の紙でしたら、ステープル同士の間隔は狭く保った方がいいです。

紙を一周するように打ち付けたら、後はパネルを水平に保ったまま乾かして完成です。

なお、ステープルを打ち付ける位置によっては、パネルでもステープルが後ろに飛び出します。
ただ、パネルの場合は枠があるため、そのまま置いても机を傷つけることはありません。
指を怪我する危険はありますので、十分に気をつけてくださいね。

水張りがそこまで必要ない紙

製品や紙の重さによっては、水張りしなくとも波打ちにくい紙もあります。

  • 四辺が糊付けされている、水彩紙のブロック
  • 300g以上の水彩紙

などです。

なお、波打ちしにくいというだけで、全くしないわけではありません。
わたしは300gの水彩紙のブロックを持っていますが、水張りして使っています。

おわりに

小学生の頃は全く気にしていなかった紙の波打ちですが、久しぶりに遭遇するととても気になります。
特に、頑張って下書きをした後だと、なおさら残念な気持ちになります。

そんな絵具による事故を防止するためにも、水張りはおすすめです。
水っぽい絵具をつけてもピンとしている紙を使うのは、とても気持ちがいいですよ。

なお、刷毛や水張りテープ、パネルは画材屋さんで購入できます。
ネットで販売しているところも多いですよ。
また、絵を描いた後、作品をパネルから剥がせば、そのパネルは何度でも使うことができます。

慣れれば簡単な水張り。
ぜひ試してみてくださいね。