acrylicアクリル

アクリル絵の具が服についてしまうことってありますよね。
絵を描いていたら、筆やパレットで絵の具が固まってしまうことも…。

今回は、アクリル絵の具がついてしまった時の対処法と、乾いた絵の具を落とす方法、そして絵の具がこびりつくのを予防する方法をご紹介します。




アクリル絵の具が落ちない理由

アクリル絵の具は、色の粉とアクリル樹脂が混ざった絵の具です。
このアクリル樹脂は濡れているうちは水に溶けますが、一度乾くと耐水性になって水では落とせなくなります。

絵を描く上では、水性から耐水性になるというのはとても便利なのですが、服や机、筆やパレット上で固まってしまうと大変です。

一方で、手や体についたアクリル絵の具は、乾いてしまっても水で擦って落とすことができます。
そのため絵を描く時に手を汚してしまっても、それほど気にする必要はありません。

アクリル絵の具がついた時

アクリル絵の具が服や机についてしまったら、乾く前に落としましょう。
服であれば、すぐに洗面所に行って水で洗います。
机などは濡らした雑巾できれいに拭き取ってください。

アクリル絵の具は乾くまでが勝負です。
描きかけの絵は放って置いて、とにかく急いで水洗いしてください。

乾いた絵の具の落とし方

アクリル絵の具が乾いてしまったら、専用のリムーバーを使いましょう。
あなたが使っている絵の具用のリムーバーを買ってきて、説明書きのとおりに使います。

個人的な経験では以下のような感じでした。

  • 服 → 絵の具が分厚いと落ちやすい
  • 筆 → 根元で固まると落ちない
  • パレット → プラスチック製・陶器製の両方とも綺麗には落ちない

基本的に、アクリル絵の具は乾いたら落ちないと考えて使った方が無難ですね。




こびりつきの予防法

アクリル絵の具がこびりつくのを予防するには、ついたら困るものを近くに置かないのが一番です。

絵を描く時は、汚れてもいい服装に着替えましょう。
画家がエプロンや白衣、ツナギで絵を描くのもこのためですね。

筆は使ったらすぐに洗いましょう。
今使っている色が終わったら、その筆をしっかり洗ってから次の色を使うようにするとGOODです。

また、パレットはペーパーパレット(紙パレット)がオススメです。
ペーパーパレットが手に入りにくい時は、普通のパレットの上にラップを被せて使う方法もあります。
ちなみに、プラスチック製のパレットには「アクリル絵の具も落ちる」ということが書かれている物もあります。
私も買ったことがありますが、結局リムーバーを使うことになったのでお勧めはできません。

諦める

アクリル絵の具を使う上で一番大切なのが、諦めです。

どれだけ注意して使っていても、思わぬところに絵の具がついたり、飛び散ったりしてしまいます。
更に、乾くまでそのことに気づかないなんてことも。

毎回、きれいに筆を洗っていても、だんだんと絵の具が根本に詰まってきます。
そうなると、筆の先が開いてくるので新品に買い換えるしかありません。
アクリル絵の具を使っている筆の寿命は短いです。

そういう時は諦めも肝心。新しいものを買いましょう。

まとめ

今回はアクリル絵の具がついた時の注意点や、落とし方をご紹介しました。
ポイントは3つ。

  • 絵の具がつかないようにする
  • ついたらすぐ洗う
  • 乾いたらリムーバー

この3点だけ注意すればOKです。

あとは、あまり考えすぎずに楽しく絵を描きましょう!