水彩スケッチ

「新型コロナウイルスのことを考えると人混みは避けたいな」
「スケッチに行きたいけど、飛行機や電車に長時間乗るのは不安だな…」

そんな時にオススメなのが、家でもできる写真スケッチです。

今回は、写真スケッチの魅力、やり方と注意点をご紹介します。




写真スケッチとは?

写真スケッチは、その名の通り写真からスケッチする描き方です。

スケッチといえば、スケッチブックを持って青空の下で絵を描くイメージですよね。
その方が、モチーフの色や形をより細かく観察できるのは確かです。

それに対して、写真スケッチは写真を元にスケッチをします。
実はこの写真スケッチ、いいことがいっぱいなんですよ。

  • 構図を決めやすい
  • 場所や時間を選ばない
  • 自分のペースで描ける
  • 好きな画材が使える
  • スケッチできない場所・動物の絵を描ける

構図を決めやすい

外に行って目の前の景色をスケッチする場合、まずは構図を決めないといけません。
景色をどう切り取ろうか、どうしたら美しく収まるか、というのは中々難しいものです。

写真スケッチなら、写真の段階で構図ができています。
写真のまま描いてもいいし、写真から更に構図を切り出してもOK。

構図が決めやすいんですね。

場所や時間を選ばない

急にスケッチを描きたくなって電車に飛び乗る!

そんなことも楽しいですが、色んな事情それができないことも多いです。

特に、最近は新型コロナウイルスの影響で、長時間交通機関を利用するのは避けたかったりします。

そんな時でも写真があれば大丈夫。
朝でも昼でも夜でも好きな景色を描けちゃいます。

自分のペースで描ける

写真スケッチならじっくり自分のペースで絵が描けます。

屋外のスケッチのように、午前中に描き始めたけれど時間がかかって影の向きが変わっちゃった。
途中から夕焼けの景色になっちゃった。
など、時間に追われることがありません。

何日かに分けて、のんびり楽しめるのです。

好きな画材が使える

写真スケッチは画材も選び放題です。

場所を取ったり、準備や片付けに時間がかかって外に持って行きにくい画材だって、家であれば使い放題。
複数の画材を使って仕上げることもできちゃいます。

スケッチできない場所・動物の絵が描ける

実はこれが一番の魅力だと思っているのですが、写真を使えば自分が行ったことのない場所、見たことのない風景、会ったことのない動物たちの絵が描けるのです。

やり方は簡単。
インターネットや雑誌などから、好きな写真を見つけるのです。

それを見ながら絵を描けば、行ったことのない風景や見たことのない動物たちを感じることができます。
ちょっとした小旅行気分です。

実際、絵を描くということはモチーフをじっくり観察することです。
そのため、行ったことのある場所より、描いたことのある場所の方が詳しくなったりするのです。




写真スケッチのやり方

それでは写真スケッチを描きましょう。

やり方は簡単。
写真を選んで、描くだけです!
出来上がった作品をSNSに投稿すると更に楽しいですよ。

写真を選ぶ

まずは写真を選びましょう。
風景、人物、動物でも、描いてみたい写真ならなんでもOK。
普段は動いていて難しい動物を描くのもいいかもしれません。

なお、あまり近くを写した写真だと、カメラのレンズの関係で歪みが出ます。
動物などの写真ならそれもアリなのですが、風景の場合は不自然な感じになりやすいです。
写真を選ぶ時には気をつけたいポイントですね。

また、インターネットや雑誌などの写真を描く場合は、著作権などに注意する必要があります。
写真の著作権は撮影した人にあります。
写真をそのままスケッチすることは問題ありませんが、その絵をSNSなど不特定多数の人向けに公開すると、著作権の侵害になります。

著作権の侵害にならないもの(OKなもの)は下の3つです。

  • 自分が取った写真を使う
  • 撮影者(著作権者)に許可をもらう
  • 許可は取ってないが、描いた作品は公開しない

描いた作品をSNSなどに載せたい場合は、自分で撮った写真、もしくは撮影者に許可が取れた写真を使いましょうね。

スケッチする

さあ、実際にスケッチしましょう!

どんな画材を使って、どのように描くかは自由です。
好きなように描けるのが写真スケッチの魅力ですからね。

もし描くのに慣れていない場合は、
小さいスケッチブックに
ボールペンで輪郭を描いてから
水彩などで大まかに色をつけるといい感じに仕上がりますよ。

画材屋さんでF0サイズのスケッチブックが売っています。手のひらサイズなので気軽に描けてオススメです。

自分のペースで描けるので、のんびりとお茶やコーヒーを味わいながら楽しみましょう!

作品は写真を取ってSNSへ

猫のスケッチ

スケッチが描き上がったら、スマホのカメラで撮ってSNSに投稿しましょう。
その時、使った画材を一緒に写すと臨場感が出て映えますよ。

SNSやインターネットに上げる作品は、著作権に問題がないか注意しましょうね。

まとめ

写真を使ったスケッチはいいことがいっぱいです。
やり方は簡単。

  • 好きな写真を選ぶ
  • 楽しく描く!
  • SNS等に投稿するなら著作権に注意する

外出が難しい時、ふと思い立った時など、いつでも楽しめるのが魅力です。
ぜひ一度やってみてくださいね。