透明水彩作家 北原 千

普段は気づかない。
でも、すぐそばにある。

「隣の世界」

そこにいる子供たちと、
生まれる物語を描いています。