watercolour
水彩絵の具は教育課程で多く使われる、親しみ
のある画材です。

水彩には透明水彩と不透明水彩(ガッシュ)が
あります。

透明水彩も不透明水彩も、色の粉『顔料』を
『アラビアガム(アラビアゴム)』と混ぜた絵
の具です。
しかし、両者の発色の仕方が全く違います。

実は、わたしたちが子供の頃に使っていた絵の
具は、透明水彩と不透明水彩の中間の性質を持
つマット水彩と呼ばれるものです。
ただ、使用感は不透明水彩に近いように感じま
す。

今回は透明水彩を取り上げてみていきます。

 

透明水彩のメリット

透明水彩絵の具は、水の美しさを感じることが
できる画材です。
メリットも水に関係することが多いです。

  • 透明性
  • 個々の色がキラキラ光るような美しさ
  • 画面に置いた絵の具を制御しやすい
  • 絵の具はパレットに出しっ放し、洗わなくてOK

以下で詳しく説明しましょう。

 

透明性

透明水彩はその名前からも分かる通り、透明感
の強い絵の具です。

どれくらい透明なのかというと、基本的に何度
塗り重ねても、下の色を完璧に覆い隠すのは困
難なほどです。

しかし、その透明感こそが透明水彩の強みであ
り、魅力でもあります。
この色合いは、透明水彩独特のものであり、他
の画材で再現することは困難です。

 

個々の色がキラキラ光るような美しさ

透明水彩は、一つ一つの色がとてもきれいです。

その透明感とも相まって、単色の美しさではア
クリル絵の具や油絵の具を凌ぐのではないかと
思います。
そのため、透明水彩は単色で使う方が、混色す
るよりもずっときれいな発色になります。

watercolour test

こちらはパレットに置いている色を試し書きし
ただけの色見本です。
単なる色だけで比べると、この状態が一番きれ
いです。

美しい色を使おうと思うと、どれだけ濁さない
か、というところが重要になってきます。

 

画面に置いた絵の具を制御しやすい

水彩は、油彩やアクリルと比べ、紙に置いた絵
の具の調整が楽にできます。

まず、他の絵の具に比べ、粘り気が少ないので
非常に細い線が描けます。
細い線が描けるということは、その細かさで絵
の具をいじれるということです。

あまり薄めていない状態の油絵の具やアクリル
は、絵の具自体の粘り気が強く、細い線は描け
ません。

それぞれ、油や水で薄めてやると薄塗りができ
るようになります。
しかし、反面、絵の具がとても広がりやすくな
ります。

油彩の場合、油は水よりも広がりやすく、当然
ながらその油に混ざっている絵の具も思わぬ方
向に滲みます。

アクリルは混ぜられている顔料の大きさが小さ
いのか、それともアクリル樹脂の性質なのか、
こちらも結構広がってしまいます。
それに加え、乾きやすく、一度乾いたら塗り直
すことになるので、繊細な線を重ねるなどとい
う描き方は、そう簡単にできません。
技術が必要です。

それに比べ、透明水彩は(もちろん色や紙にも
よりますが)広がり方が緩やかで、筆で操作し
やすいのです。

 

絵の具はパレットに出しっ放し、洗わなくてOK

人によっては最大のメリット。
片付けが楽。

透明水彩はパレットを洗わなくてもいいのです。

なぜかというと、透明水彩は乾いても水で濡ら
せば、また同じように使えるからです。

これは絵の具に混ぜられているアラビアガムの
性質です。

使いたいときに濡らして、片付ける時はただ乾
かせばいい。

この性質から、チューブ入りだけでなく、あら
かじめ乾かしてある固形の絵の具も出ています。
こちらは、水で濡らした筆で撫でてやると色が
出てきます。

この手軽さは何にも代えがたい利点です。

 

透明水彩のデメリット

色彩の美しさが特徴的な透明水彩ですが、デメ
リットも存在しています。

  • 隠蔽力が低い
  • 広い面を綺麗に塗りにくい
  • 乾いても濡らすと溶け出す
  • 修正できないことが多い

詳細をみていきます。

 

隠蔽力が低い

まず、透明であるが故の難点です。

上に塗った色で下の色を覆い隠すことができま
せん。
さらに、あまり色を重ねすぎたり、混ぜすぎる
と色が濁って汚くなってしまいます。

そのため、重ね塗りには向きません。

 

広い面を綺麗に塗りにくい

メリットの方で、絵の具を制御しやすいと書き
ましたが、細かい部分をきれいに塗るのは得意
な反面、広い面を均一に塗るのには向いていま
せん。

色の濃い場所と薄い場所、ムラができてしまう
のです。

この色ムラこそ、透明水彩の特徴的なテクス
チャなのですが、出て欲しくない時は困ります
ね。

どうしても広い面をきれいに塗りたい時は、ア
クリル絵の具をごく薄く溶いて、何度も重ね塗
りすることをお勧めします。
均一に、さらに発色もきれいに塗れますよ。

 

乾いても濡らすと溶け出す

こちらも透明水彩の特徴ですので、仕方ありま
せんが、紙の上で色を重ねたい時などは困りま
す。

赤の上に、薄く青を重ねるつもりが、先に塗っ
てある赤色が溶け出して混ざってしまった。
なんてことも起こります。

紙によっては、溶け出しにくいものもあります
し、何よりしっかり乾かしてから、手早く色を
重ねることで、ある程度は回避できます。

また、とけ出す性質を利用して、はみ出した絵
の具を筆で溶かしてティッシュで吸い取ること
で、ちょっとした修正ができます。

 

修正できないことが多い

部分的に小さな修正ならできることがあります
が、
「黄色を塗ったけれど、やっぱり紫にしたい」
「人物の位置をずらしたい」
などの大幅な変更はできません。

重ね塗りで描き直すことができませんし、色を
重ねすぎると汚くなってしまいます。

一発描き。
ダメなら一から描き直し。

が基本の画材です。

 

おわりに

油彩に続いて、透明水彩も興味を持って手を出
さないと、なかなか使わない画材です。
しかし、その透明感のある色合いから人気は高
いのです。
実は透明水彩で描かれていた、というような絵
やイラストは、身の回りにも結構あります。

色がきれいで、片付けも楽。
部屋も汚さないし、手軽に使える。

魅力的な画材です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう